539円 自分だけのパレットがつくれるカスタマイズケース 【資生堂】マキアージュカスタマイズケース 美容・コスメ・香水 メイク道具・ケアグッズ ボトル・ケース・携帯小物 539円 自分だけのパレットがつくれるカスタマイズケース 【資生堂】マキアージュカスタマイズケース 美容・コスメ・香水 メイク道具・ケアグッズ ボトル・ケース・携帯小物 539円,/disprover401101.html,美容・コスメ・香水 , メイク道具・ケアグッズ , ボトル・ケース・携帯小物,自分だけのパレットがつくれるカスタマイズケース,i.edt.co.jp,【資生堂】マキアージュカスタマイズケース 自分だけのパレットがつくれるカスタマイズケース 資生堂 マキアージュカスタマイズケース 本店 自分だけのパレットがつくれるカスタマイズケース 資生堂 マキアージュカスタマイズケース 本店 539円,/disprover401101.html,美容・コスメ・香水 , メイク道具・ケアグッズ , ボトル・ケース・携帯小物,自分だけのパレットがつくれるカスタマイズケース,i.edt.co.jp,【資生堂】マキアージュカスタマイズケース

自分だけのパレットがつくれるカスタマイズケース 資生堂 マキアージュカスタマイズケース 買収 本店

自分だけのパレットがつくれるカスタマイズケース 【資生堂】マキアージュカスタマイズケース

539円

自分だけのパレットがつくれるカスタマイズケース 【資生堂】マキアージュカスタマイズケース






特徴
「マキアージュ ドラマティックアイカラー」「マキアージュ チップ&ブラシ N」がセットできるケース。
薄型軽量コンパクトなので持ち運びに最適です。
商品重量など
43g
幅59mm×高さ85mm×奥行き15mm
使用方法
<セット方法> ●別売りの「マキアージュ ドラマティックアイカラー」のハードカバーを外し、中皿をケースにセットして添付の透明フィルムをのせてお使いください。   A・Bにセットする場合 ●図のように中皿の下側を中央の仕切りに合わせながら、中皿のふちをカチッと音がするまで上から押してください。   C・Dにセットする場合 ●図のように中皿の上側を中央の仕切りに合わせながら、中皿のふちをカチッと音がするまで上から押してください。   <取り出し方法>  ●コインなどを中皿側面の溝にあて、中央の仕切り方向へ押しながら上にあげてください。
使用上の注意
◇中皿をセットしたり、取り出す際には、中味を削らないようご注意ください。
◇別売りの「チップ&ブラシ N」をセットしてお使いください。
◇落下などの衝撃には十分注意してください。
◇ケースがスムーズに開閉できなくなった場合は、新しいケースをお求めください。
その他
  • 広告文責:株式会社MATSUMOTO 06-6671-6477
  • メーカー:資生堂
  • 商品名:マキアージュ カスタマイズケース
  • 生産国:日本
  • 商品区分:化粧品

自分だけのパレットがつくれるカスタマイズケース 【資生堂】マキアージュカスタマイズケース

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

経営再建中の東芝は12日、昨年7月の定時株主総会に不当に介入したとされる問題で、当時の車谷暢昭社長ら一部の経営陣について、違法とまではいえないが企業倫理に反する行為があったと認めた。 経済産業省と過剰な情報交換をするなど、株主対応の公平性や…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

翻訳小説を読んでいると、女性なら「そんなこと言ってないわ」とか、男性なら「俺は平気さ」といった言い方が登場することが少なくない。実際にそんな言葉を使う人はいまや少ないのではと思うが、翻訳者はどのように考え、訳しているのだろう。「ダ・ヴィンチ…

宇宙が身近になった。毎日のように関連のニュースが報じられている。ただその割に、宇宙ってどんなところなのか、地球にいてはまだまだ実感しにくい。今年5月、野口聡一飛行士が3回目の飛行から帰還した。「感覚で宇宙をつかむ」ことを重視する野口さんに…

時の指導者の権威を高めるように歴史認識を改め、国民への浸透を進める。こんな内向きな大国では、外の世界との距離を広げるばかりではないか。 中国共産党の最高指導機関とされる中央委員会が第6回全体会議(6中全会)を開き、今年で建党100年を迎えた…

世界的な半導体メーカーの台湾積体電路製造(TSMC)が、半導体工場を熊本県に建設する。投資額は約8千億円。この半分の4千億円程度を日本政府は補助する方針だ。 国が主導した過去の大型産業政策は失敗が続いている。まして今回は外国企業への、前例が…

過去に生きた人物が、小説のなかで肉体と体温を持って現れてくるのは読書の幸福である。作家の瀬戸内寂聴さんが『美は乱調にあり』で描いた伊藤野枝は、自分の気持ちにあまりに正直な女性だった▼文学青年の夫との関係を「水も洩(も)らさぬ自分たちの愛」と…

一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら